読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何故漫画業界のアシスタントに問題が有るのか。落とし穴。

まずアシスタントとして雇われるケースは幾つか有るので

 

一つは持ち込みから「OO先生の所でアシスタントやらないか?」

もう一つはwebに有るアシスタント紹介所を使うパターンです。

 

何れの場合でも

 

よろしくお願いします。

から作業をやって見て相性だとかコレ書ける?これは?

みたいな感じで相手と自分の相性みたいな物で

「じゃあよろしくお願いします。」

「何日からお願い出来ますか?」

「ハイ分かりました」

(拒否することも当然可能です)

 

で・・・

「宜しくお願いします」

で本格的に始めるにしても時間がどれだけで

というだけでそう深くは何もないのが定例です。

そしてギャランティを頂く訳ですが

 

 

が…既に問題有るのはおわかりでしょうか?

まともに働いている人なら分かると思いますが

「契約と承認が無い」訳です。

 

そこで問題が有った場合どうするか?

そこで出て来るのが

「委任契約」

契約書も言葉尻でも交わしていなくても一見成立しているんだと

問題の有る作家と編集だとこれは切出してきます。

 

果たして本当にそうか?

と言うことを次で語ります。